MENU

口臭の原因は口腔内細菌

周囲を不快にさせてしまう可能性のある口臭は、
お口の中にいる細菌が食べ物のカスや舌の汚れに含まれるタンパク質を、
硫化水素やメチルメルカプタン等の臭い物質に
変換することで発生してしまいます。

 

さらに厄介なことに口腔内細菌は、口臭だけでなくパサつきなどお口の
トラブルを引き起こす原因にもなっているのです。

 

また、歯周病や虫歯も引き起す原因になることから、
そういった口腔内の病気が結果として口臭に結びついてしまう
事も十分に考えられるんです。

 

 

唾液の量も関係する?

さらに、人は年齢の増加にともないどんどん
唾液の分泌される量が減っていくといわれているのですが、
これも口臭をきつくする原因になります。

 

 

唾液は口腔内衛生を保つためには欠かせない存在です。

 

唾液に含まれる成分に抗菌作用のあるものもあり、
それによって雑菌の量も増えすぎないようにコントロールされています。

 

 

ただ、そういった加齢やちょっとしたストレスで唾液量は
大きく減少してしまうことから、いかに唾液の量や質を保つか?
ということが口臭対策としては重要になってきます。

 

>>>唾液を改善するサプリ「オーラルデント」について

 

このページの先頭へ